What's New

2013年2月8日

業況厳しいなか、社員にコスト意識を持ってもらうには?

依然として業況が厳しい建設業。利益を出すのに不可欠なのは、社員がコスト意識を持つことです。では、どうしたら社員が危機感を持ち、コスト意識を変えられるでしょう? それにはまず、行動を変えることです。


実現可能な目標を掲げて成功体験を重ねる

建設業として最低限取り組むべきことは、実行予算管理(原価管理)、工期管理(工程管理)、品質管理(仕上げ・施工管理)です。それらについて、会社にとって必要な書類を作成・整理し、必ず記入してもらいます。それをベースに進捗具合を定期的にチェック、管理していきます。こうした大枠の行動が変われば、次第に意識も変わるのです。
そのうえで危機意識を醸成するにあたっては、できるだけ自社の財務情報を公開し、状況を理解してもらうことが必要です。もちろん、ただ大変だと言うのではなく、「そのなかでどうするのか」という経営方針も繰り返し説明しましょう。
あまりにも実現困難な目標を掲げても、社員はやる気が起きず、ついてきてくれません。少しジャンプすれば手が届きそうなレベルに目標を設定することが大事。成功体験を重ね、一歩ずつ前に進んでいくことで、社員の意識が確実に変わっていきます。
会社として目指す方向を明確にし、それを実現可能な目標にして定期的に実行し続け、結果をフィードバックして次の現場に生かすことが、現在の建設業には必要です。単純でも当たり前の行動を徹底してやれるかどうかが、厳しい局面を乗り切るカギとなっています。


 

What's New 一覧へ